被害拡大の前にハクビシン駆除を頼もう!お茶の子さいさいと侵入

害鳥が健康被害を起こす

作業員

鳩はマンションのベランダに糞をしたり巣を作ったりします。巣は自治体へ申請しなければ除去できません。糞は病気の原因となり子供や高齢者の被害が大きくなります。このようなトラブルがあるので、専門業者に依頼するといいでしょう。

もっと知ろう

アリの効果的な駆除方法

駆除作業

アリが家の中に侵入した場合は、それら一部の個体を退治してもあまり効果がありません。偵察中の働きアリは餌を見つけると足跡フェロモンを出して仲間を呼び寄せます。アリ駆除を徹底させるためには巣ごと全滅させるのが最も効果的なのです。市販のアリ用毒餌でも駆除は可能ですが、アリ駆除業者に任せるのが最も確実です。

もっと知ろう

道具をうまく利用

作業者

ゴキブリを退治することは非常に困難なことといわれていますが、日々、新しい薬剤が開発されています。毒餌、成長抑制剤など、さまざまな観点の薬剤が登場していることから、情報に敏感になっておくことで、良い結果をもたらします。

もっと知ろう

ハクビシンで悩まない

白鼻芯

ハクビシンは運動能力が高く、垂直な壁も簡単に登ることができます。ハクビシン駆除はこの習性を利用して電気柵を使用して捕獲することが出来ます。柵に登らせて感電させたり、ネットと電気柵を併用してハクビシン駆除を行うこともあります。ハクビシンは、建物にある数センチほどのわずかな隙間から侵入してきますので、隙間がないか点検して塞いでおくことが大切です。害虫害獣用のくん煙剤なども市販されていますので、床下や天井裏に煙が流れるように設置してハクビシン駆除します。また、ハクビシンが嫌がる忌避剤を使うのも有効ですが、被害が大きい場合はハクビシン駆除業者に相談してみましょう。ハクビシンには、ノミやダニなどが寄生していることが多いので、捕獲の際は素手で触らないように注意してください。愛らしさからは想像出来ない迷惑行為に要注意しましょう。

本来は、山奥に住んでいるはずの動物が人里に降りてきて畑やニワトリなどに被害をもたらすようになっています。これらの動物は害獣と呼ばれており被害が大きい場合は駆除する必要性があります。これらの害獣の中にはハクビシンも含まれています。ハクビシンはアライグマやタヌキに似たジャコウネコ科の動物で、鼻筋に白い模様があることからハクビシンと呼ばれています。近年では、山間部だけでなく関東などの都市部でも姿をあらわし建物や人への被害が増加しています。都市部にあらわれるようになったのは生ごみが多くエサに不自由しないからです。建物に侵入すると天井裏や床下に巣を作って子育てを始めます。ハクビシンの存在に気が付いたら早めに市町村か業者に連絡してハクビシン駆除を依頼するようにしましょう。専門業者であれば、駆除だけでなく再度侵入しないような対策を行なってくれます。その対策をすることで、ハクビシンの脅威な身体能力を持ってしても簡単に侵入されることを防げます。